ナポレオンも愛飲した伝説の甘口ワイン🍷


豊かな人生ワインと共に🍷

ワインには無限の可能性を秘めている🍷  

ナポレオンも愛飲した伝説の甘口ワイン

南アフリカ🇿🇦のウエスタンケープにあるワイン

ヴァン・ド コンスタンス 

クライン・コンスタンシア Klein Constantia

海に隣接しているため、

極端な暑さから保護され、

冷涼な夜間はすばらしい自然の酸度を

維持しながら糖度あるため甘口ワインになる

そのため

味わいは深く、

複雑な力強いワイン

品種は

ミュスカ・ド・フロンティニャンで

ドライマンゴー、バニラや生き生きとした

柑橘類の皮の含みの力強い風味が感じれます

滑らかなフルボディで

はっきりとした渋み、果実味と共に余韻に長く残ります

コンスタンシア・エステートの歴史は、1685年

これは南アフリカで

ワイン造りの歴史の始まり

南アフリカベストスウィートワインに選出

このワインを手掛けるのは

1685年創業の南アフリカ最古のワイナリーの

クライン・コンスタンシアです。

17世紀末、ここで造られた甘口ワインが

ヨーロッパで高く評価されました。

南アフリカワインがヨーロッパで普及したのは

この甘口ワインがきっかけだったのです。

ナポレオンがセントヘレナ島に亡命し、

シャンベルタンの供給が経たれた際に

毎月30本このワインを愛飲していたと言われています。

まさに伝説の甘口ワイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です